【コップ入れのサイズ】簡単に作れるフチ付き巾着袋の作り方

「mimi miki」(登録者1.2万人)よりご紹介します。

今回は、フチ付き巾着袋の作り方の動画をご紹介します。

マチ付きで底に安定感がある便利な巾着袋は、小さめサイズなので、小さいハギレや余っている布で作れますよ。

お子さんの好きなキャラクターや可愛い柄で作れば、喜ばれそうですね。

mimi miki チャンネルでは、短い動画でサクッと作り方を教えてくれています。

ぜひこちらの動画を参考に一緒に作っていきましょう。

必要なものを準備

フチ付き巾着袋の作るときに必要なものを解説している動画で、用意された布と紐が机に置かれた画像。
出典 : YouTube

用意する材料はこちらです。

用意するもの
  • 表布:縦25×横20㎝
  • 内布:縦65×横20㎝
  • ひも:50㎝×2本
  • ポリエステルミシン糸:60番

布は縫い代込みの寸法です。

ひもの長さはお好みの長さのものを用意しましょう。

表布に柄や絵のあるもの、内布は無地のものを選ぶと見本のように仕上がります。

お子さん用なら、明るくポップな色使いものが良さそうですね。

ハンドメイドは、素材選びから始まります。

全体の仕上がりをイメージした、相性の良いカラー選びも大切です。

ハンドメイドの利点

ひとつひとつの素材から選べるので、好みに合わせて作れます。

どんなものが良いのか選ぶのも楽しみのひとつですね。

動画でも必要なものをチェックしてみましょう。

作り方の手順

作り方は動画を参考にして行えば、スムーズに作業できます。

では早速、作り方の流れを見ていきましょう。

布を縫い合わせる

布を縫い合わせる作業を解説している動画で、机の上に置かれた表布と内布を合わせた端を指で指している様子と共に、「縫い代7ミリで縫い合わせます」という文が表示された画像。
出典 : YouTube

まずは、表布と内布を中表に合わせていきます。

合わせた横の部分をミシンで縫い合わせるそうです。

平安きりん

縫い合わせたら、布をひっくり返します。

縫い代を上倒し、表布の上の部分に端ミシンをかけましょう。

表布の縫い代のところで合わせてピンで固定します。

さらに布を半分に折ったところに印をつけ、同様に固定してください。

縫わずにあけておく

ひも通し口をつけるため、今回は2㎝あけています。

ひも通し口も、ピンで印をつけていましたよ。

周りをミシンで縫っていきます。

作業の様子は動画をご覧くださいね。

マチの部分を作る

フチ付き巾着袋のマチの部分を作る作業を解説している動画で、縫い合わせた本体の底の部分を三角にした部分を手で押さえた画像。
出典 : YouTube

次に、マチの部分を作っていきます。

縫い代をアイロンで割っておくそうです。

筒状にしてから縫い目のない部分で布を折ります。

マチの部分

底の部分の両端が三角の形になります。

画像のような形に上下を折るのね。

三角になった角の部分をミシンで縫います。

縫い終えたら、マチの縫い代を残して切り落としてください。

作業の詳細は動画で確認しましょう。

形を整えてフチ作り

本体の袋をひっくり返してフチを作る作業を解説している動画で、手で内布を内側に折ってフチの部分を作る様子を表示した画像。
出典 : YouTube

続いて、袋を表にひっくり返して、アイロンで形を整えます。

平安きりん

角の部分もしっかり出ているか確認しましょう。

形を整えたら、袋の口から1㎜幅と2㎝幅で1周ずつ縫っていきます。

再び袋をひっくり返して、返し口を閉じておきましょう。

返し口をとじたら、フチを作ります。

フチを作る

内布を1㎝くらい出し、上から端ミシンをかける。

両側からひもを通せば、完成です。

分かりにくい箇所は動画を参考にしてみてくださいね。

ハンドメイドを楽しく

今回は、 フチ付き巾着袋の作り方の動画をご紹介しました。

作ったものをお子さんが気に入ってくれたら嬉しいですよね。

お子さんが使うものなら、丈夫で長持ちさえせたいところです。

今回のポイント

フチとマチが付いたしっかりした作りで、長く使えて重宝しそうです。

幼稚園や学校用具入れなども、同じ布で揃えるのも良いですね。

mimi mikiチャンネルでは、この他にもアイテムが紹介されています。

興味を持った方は、ぜひチャンネル登録して動画をチェックしてみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2