【タイルクラフト】30分で木製トレーを鍋敷きにリメイクするには

「ハンドメイド作家伊東亜由のタイルクラフト教室」(登録者数1,930人)よりご紹介します。

この動画で紹介されているのは、廃材タイルを使って木製トレーを鍋敷きにリメイクする方法です。

サムネに映る鍋敷き、淡い水色の葉っぱのタイルが使われた、素敵な作品に仕上がっていますね。

平安きりん

所要時間は、何とたったの30分です

忙しい方初心者の方でも、きっと挑戦しやすいと思います。

忙しくて一歩踏み出せない方にも、もちろん日頃からクラフトを楽しんでいる方にも、おすすめの動画です。

材料は安くて入手しやすい、家にあるものも

初めにご紹介するのは、タイル鍋しきを作るために必要な材料一式です。
専用に必要なものはタイル用接着剤と目地材くらいで、その他の材料は入手もしやすく、お求めやすい価格のものばかりです。
一覧もこの後記載しています。
出典 : YouTube

今回使用するタイルは廃材を再利用しており、確かに使用感が少々あることが確認できます。

廃材を使ってこんなに魅力的なクラフトを作れるんですね。

安くて入手しやすい、人によっては既に家にあるものでも揃えられる材料です。

無理なくクラフト制作ができること、そして後片付けで困らないという視点でも選ばれています。

使用されている材料と道具は、こちらの一覧の通りです。

材料と道具一式
  • DAISO木製トレイ
  • コンクリメイト(タイル用接着剤)
  • 牛乳パックまたはヨーグルト容器
  • 目地材80g
  • 葉っぱのタイル(今回は廃材を利用)
  • ゴムベラ
  • マスキングテープ
  • ティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • ペットボトル(お水を入れておきます)
  • はさみ

時短でも大事な部分はしっかり押さえる

ここから30分でクラフトを完成させるための裏技についてご紹介していきます。
裏技はもちろんですが、同時にしっかり時間をかけるべき工程についても紹介されています。
出典 : YouTube

このクラフトは、伊東さんがインスタグラムでライブ配信をしながら作成されました。

動画は視聴しやすいよう編集されて、再生時間は約10分間、そして鍋敷きの作成時間はたったの30分です。

作成時間と再生時間、両方とも「時短」なクラフトですね。

30分で、それもライブ配信をしながら!?

作家歴23年の伊東さんだから、出来たことなんじゃないかな。

平安きりん

紹介されている時短技を行えば、ベテランではなくても時短が叶います

確かに初心者の方ならば、30分以上掛かる場合もあるかもしれません。

そして仕上りに影響したり、失敗しない為に手を抜けない部分は、ちゃんと手間と時間が割かれています。

重要な部分をきちんと押さえた時短という、メリハリの利いた工程を、短時間で知れる動画です。

教える側の目線でも説明してくれる

この動画は伊東亜由さんがインスタグラムでライブ配信を行った時の模様を元に作成されています。動画のリンクを再生するとすぐ、伊東さんの経歴についても触れられているのでご紹介します。
出典 : YouTube

チャンネル作成者の伊東さんは、ハンドメイド作家さんの育成コンサルとしても活動されている方です。

動画の中でも、人に教える目線でのポイントや注意事項などを、時折伝えて下さいます。

例えば次のような方には、特に参考になるのではないでしょうか。

例えばこんな人に
  • 友人や家族に教えて一緒にクラフト作りを楽しみたい人
  • SNSなどで発信してみたい人
  • 講師として活動することに興味がある人
  • クラフト作りのコツをもう一歩深く知りたい人

人に伝える時に意識する部分は、作る際に大事な内容だからですし、作り手にとっても参考になりますよね。

時短ハンドメイドにチャレンジしよう

以上、30分で出来るタイルクラフトの鍋敷作りの動画について、見どころをご紹介しました。

タイルクラフト含め、クラフト未経験の方にとっても、挑戦してみようと思える動画ではないかと思います。

平安きりん

タイルクラフト作りを捗らせるのに、役立つ動画です。

この記事を読んで、時短で出来るタイルプレート作りに興味を持った方は、是非動画を覗いてみて下さいね。

こちらもチェック!
ハンドメイドチャンネルのインスタグラムに伊東亜由さんのインタビューを掲載しています
LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2