【外ポケット付き】簡単に作れる中身がみえない巾着トートバッグ

「Handmade SunMoon’s Sewing DIY」(登録者数3.01万人)よりご紹介します。

今回の動画は、トートバッグの形をしているけれど、内側の部分は巾着になっているバッグの作り方です。

巾着の部分があるため、ひもを引いて締めればバッグの中身が見えない作りになっています。

トートバッグはまちがついているので、たくさんものを入れることもできます。

ワンポイントで可愛さアップ

まずは外ポケットを作ります。
出典 : YouTube

今回のバッグは、外側の部分にポケットがあるので、よく使うものや小さいものを入れることができます。

その他にもパーツが多い作品なので、布の組み合わせによって様々なデザインが作れますね。

大人っぽくてかわいいトートバッグにしたい人は、落ち着いた柄を選ぶなど、布選びから楽しめますよ。

ポイント

布の組み合わせ

動画の中では、巾着部分と外側のトートバッグ部分と持ち手のひもの部分で、使用する布を変えています。

この作り方では、外ポケットを布につける前に、ポケットの上部に口布を付けています。

この部分、バッグ全体のデザインの印象を決める部分でもあるので、どんな布を使うかも重要です。

平安きりん

今回のデザインでは、外ポケットは持ち手部分で縫い付けられています。

外ポケットがズレないように位置を確認してから、つくっておいた持ち手部分と縫い合わせていきます。

位置合わせの際のコツなど、役立つ情報が盛り込まれている動画です。

内ポケットは位置取りが肝心

外側ができたら、内ポケットをつけていきます。
出典 : YouTube

動画で紹介されている作品では、内側の巾着にあたる部分に内ポケットがついています。

外側には前と後ろ両方にポケットがついており、細かいものをたくさん持ち運びたい人には便利な構造ですね。

ものが多くてバッグの中が整理しづらいという人にも安心です。

内ポケットを付ける際には、どの部分につけるかが重要です。

ポケットをつける位置や方法は難しそうに見えますが、動画を観ると分かるようになっています。

確かめながら、ポケットをつけてみてくださいね。

ポイント

強度も意識して作業

たくさんものを入れて使いたい人にとっては、バッグの強度も重要ですよね。

せっかく作ったものを長く使うためにも、注意点を確認しながら作業をするのがおすすめです。

大容量のバッグは大活躍すること間違いなしですよ。

巾着部分を付けるには…

裏地と表地を袋の形にしていきます。
出典 : YouTube

トートバッグの外側と内側のそれぞれの形ができたら、まちの部分を作っていきます。

袋の大きさは、横25cm・高さ25cm・まち10cmです。

そして、動画の中で紹介している方法では、裏地と表地とは別にもう一つのパーツを作ります。

このトートバッグの特徴でもある巾着の部分です。

巾着部分は、トートバッグ部分の裏地とは別の工程で準備しています。

パーツが多くなると混乱したり、作業の手順がわからなくなるかもしれません。

しかし、動画では今どの工程を進めているかを説明しているので、安心して進めることができます。

ポイント

パーツひとつずつを作っていく

各パーツを最後にピッタリ合わせるためにも、それぞれの精度が重要になります。

特に巾着部分をきれいに出すためには、最後の工程が重要になります。

クオリティアップのコツが気になる人は動画を参考にしてみてください。

英語の字幕付きで海外の方も安心

「Handmade SunMoon’s Sewing DIY」の動画は英語の字幕付き。

そのため、日本語が分からない方でも動画を楽しむことができます。このような配慮が嬉しいですね。

海外の方のコメントも寄せられていて、反響の大きさが分かります。

簡単につくれる巾着トートバッグ

今回紹介したバッグは、裏地付きだけではなく、巾着のように口が閉じられるようになっています。

中身が見えなくてたくさん入る巾着は便利ですが、作業が複雑そうに感じるかもしれません。

この動画では、どのようなポイントに注意する必要があるかを細かく教えてくれています。

平安きりん

実際の作業の映像を見ながらなら、心配いりませんね。

自分の作品の段階と照らし合わせながら進めれば、誰でも簡単に作ることができます。

ポケットも多いので、小物を沢山持ち運ぶ人にもぴったりです。

ぜひ「Handmade SunMoon’s Sewing DIY」の動画をのぞいてみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2