【顔を測って】マスクの型紙を作る方法【ぴったりフィット】

「ぬいものじかん〜fellkate」(登録者数9,760人)よりご紹介します。

今回はマスクの作り方ではなく、 「マスクの型紙の取り方」の解説動画をご紹介していきます。

自分の顔にフィットしたマスクをつけたい、既製の型紙では満足できない、そんな方必見です。

平安きりん

しゃべっていると手作りのマスクがずり落ちて鼻が出ちゃう。なんで?というあなたにおすすめの動画です。

もしかしたら既製のマスクの型紙のモデルとなっている「標準的な顔の形」の人なんていないんじゃないかとさえ思っちゃいますよね。

どんなマスクも問題なくつけれる人もいるかもしれませんが、たいていの人はマスクのフィット感に多少の不満があるものです。

この際、動画を見て自分の顔で型紙を取ることに挑戦て、ぴったりのマスクをゲットしましょう。

動画のおすすめポイント
  • 型紙作りにプリンタも方眼用紙もいらない
  • 顔の採寸方法を学べる
  • 型紙の調整の仕方を学べる

せっかくつけるなら「大きめ」でも「普通」でも「小さめ」でもない「自分の顔で型紙をとったマスク」が一番理想ですよね。

「型紙なんて自分で作れるの?」という初心者さんでも大丈夫。易しく丁寧な説明なので、とってもわかりやすかったですよ。

それではさっそく、この動画の見どころを解説してまいります。

プリンターや特別な紙は使わない

型紙に使う紙を手にした様子
出典 : YouTube

作りたいアイテムが思い浮かんだら、サッと取り掛かりたいですよね。

「型紙を自らつくる」という発想がなかった私は何やら特別な紙が必ず必要だと思いこんでいましたが、動画を視聴してと拍子抜けしました。

なんだ、うちにもある普通の紙で大丈夫なんだ

手芸好きには知っててあたり前のことかも知れませんね。

こんな私のような今まで手芸にふれてこなかった初心者でも型紙から作れる、優しく丁寧な動画なので肩の力を抜いて見てください。

型紙の作り方は、長さを測って点を打ち、線をつなげていくイメージです。

イメージしにくかったら、動画で確認をお願いいたします。

面倒なようですが、作業工程をひとつひとつこなせば確実に完成すること間違いなしです。

顔の採寸方法が学べる

女性が顔の長さを測定する様子
出典 : YouTube

昔ながらの四角い平面マスクならまだしも、「立体マスク」と聞くと、作るハードルが一気に高く感じるでしょう。

でも、動画の通りに手順を進めれば大丈夫です。測る場所さえわかれば、その箇所を測って紙に写すだけですよ。

正直、「どの型紙にしようかな」と検索して悩んでプリントアウトするより、自分で型紙を作るほうが早いです。

メジャーで顔のパーツからパーツまでを何箇所か測っていきます。

どこを測るか、何箇所測るか詳しくは動画でしっかり教えてもらえるのでご安心ください。

紙、ペン、メジャーをスタンバイして再生ボタンをどうぞ。

型紙の補正の仕方を学べる

型紙に切込みを入れる様子
出典 : YouTube

型紙はあくまで平面なので、型紙を取った後に「立体的にするための微調整」をすることが重要です。

切込みをどことどこに入れるかなど、動画で詳しく説明されています。一度作ってみると、

ここは縫うときにもう少し丸みをもたせてみよう

不安だからひとまず大きめに裁断してみよう

など色々なアイデアが出てくるかもしれません。

作り始めてこそ学びがあります。ひとまず気楽に動画を視聴することから一歩を踏み出してみてはどうでしょう。

型紙を取って実際に作ってみましょう

自分にぴったりなマスクの型紙の作り方をご紹介しました。ハンドメイドの参考になりましたでしょうか?

マスク本体の作り方は、動画の画面上からリンクで飛ぶことができます。

2種類の作り方があるので、ぜひそちらの動画もごらんになってみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2