【和風ハンドメイド】柄布を使ったくるみボタン風のパッチン留め

「うさんこチャンネル」(登録者数9.73万人)よりご紹介します。

今回ご紹介するのは、柄物生地を使ったくるみボタン風パッチン留めの作り方の動画です。

視聴者のリクエストに応えたさまざまなハンドメイド作品を投稿しているうさんこチャンネル。

平安きりん

こちらの動画もお子さんと簡単に作れて仕上がりも可愛いため、初心者にもおすすめです。

くるみボタン風のパッチン留めは和装とも相性抜群。

和風モダンなアクセサリーを作りたい方もぜひ参考にしてみてくださいね。

使用する布はリバティプリント生地

使用するリバティプリント生地を紹介する画像
出典 : YouTube

くるみボタンとは、ボタンを布で包むことでナチュラル可愛いデザインを実現したアクセサリーの1種です。

このデザインをパッチン留めの形にアレンジしたのがこの作品で、包むための布の選び方が非常に重要な意味を持ちます。

特に簡単に作ることを前提に布を選ぶなら、リバティプリント生地がおすすめです。

平安きりん

リバティプリント生地とは、画像のような花柄が前面にプリントされた生地のことで、ロンドンで誕生しました。

動画内でもこのリバティプリント生地がおすすめされています。

小さなパッチン留めに取り入れても柄がわかりやすい上、布自体も硬めなので非常に扱いやすいことがこの生地の魅力。

もちろんデザインの好みに合わせて無地の布を使ったり、刺繍を取り入れたパッチン留めを作るのもおすすめです。

どんな布が使える?
  • リバティプリント生地
  • ダブルガーゼ
  • ニット生地

布で綿とキルト芯を包むだけで作り方も簡単

キルト芯にパッチン留めを乗せて形を取る画像
出典 : YouTube

くるみパッチン留めの基本の作り方は、パッチン留めの形にカットしたキルト芯を布に包むだけ

キルト芯はパッチン留めを重ねて形を合わせるだけなので、非常にスムーズにパーツを作り上げることができるんです。

そしてカットしたキルト芯を布で包むだけで、ぷっくりふわふわのくるみボタン風のパッチン留めが出来上がります。

平安きりん

もちろんシワなくキレイに包むためには正しい作り方の手順をチェックする必要があります。

キレイに包むコツは動画内での実演とともに、声でも解説が入れられています。

そちらも参考にパッチン留めを作ってみてくださいね。

量産したい場合は?概要欄もチェック

パッチン留めにキルト芯を重ね布で包む画像
出典 : YouTube

パッチン留めはハギレを使って少量作るのはもちろん、しっかりと布や材料を購入してたくさん作りたい方にもおすすめです。

針と糸を使う工程も少なく簡単に出来上がるくるみパッチン留め。

ですが作る際はぜひ動画内の解説やアドバイスはもちろん、概要欄もチェックしてみてください。

動画で紹介されているアレンジ
  • くるみパッチン留めを量産したい場合は?
  • さらに強度が高いパッチン留めを作りたい場合は?
  • 子どもの髪をまとめやすいパッチン留めを作るには?

おしゃれで可愛いくるみパッチン留めを作る際は、ぜひアドバイスも参考にあなた好みにアレンジしてみてくださいね。

視聴者に応えた撮り直し動画もおすすめ

今回の動画は2017年に投稿されたもので、かなり以前に撮られたものであることがわかります。

うさんこチャンネルでも初期に投稿された動画なので、ピントが合っていない部分や声での解説が不明瞭な部分も。

しかし、投稿者さんはそれを放置するのではなく、その声を反映して撮り直し版も投稿してくれています。

平安きりん

改めてパッチン留めの基本の作り方をキレイな画質で紹介していることはもちろん、アレンジ方法も追加で紹介されています。

リボンやパールを使ったさらにデザイン性に特化したパッチン留めの作り方についても、ぜひ参考にしてみてくださいね。

今回はうさんこチャンネルの紹介するくるみボタン風のパッチン留めのハンドメイド動画の魅力をお伝えしました。

平安きりん

くるみパッチン留めは可愛らしい仕上がりな上、選ぶ布次第でも印象が大きく変わります。

お気に入りの布を使ったアクセサリーを作りたい方は、ぜひ動画を観ながらくるみボタン風パッチン留めを作ってみてください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2