【初心者向け刺繍】刺繍で簡単に作れるミニサイズのフラワーピアス

「刺繍アクセサリー作家nakki」(登録者数2,750人)よりご紹介します。

今回ご紹介するのは、刺繍で作るミニサイズのフラワーピアスの作り方の動画です。

刺繍アクセサリー作家nakkiでは刺繍を使ったアクセサリーのハンドメイドアイデアがどんどん投稿されています。

平安きりん

刺繍好き・刺繍に興味がある方にオススメのチャンネルですよ。

特に今回のミニフラワーピアスは初心者向け。

刺繍に触れたことがない方も、ぜひこのピアスをきっかけに刺繍に挑戦してみてくださいね。

刺繍の下描き方法から教えてくれる

8B鉛筆で生地に花形を描く画像
出典 : YouTube

刺繍をする際は、基本的に刺繍糸を通すための布に下描きをして、その下描きに沿って縫い付けて行くことになります。

しかし、今回のミニピアスのように特に小さいサイズや細かい絵を描く場合。

チャコペンシルをはじめ薄付きの布用ペンでは上手く描けず線がぼやけてしまうことも少なくありません。

平安きりん

そこで今回の動画では、小さな生地に8B鉛筆を使用して下描きしています。

一般的には画材として販売されている8B鉛筆であれば、サッとなぞるだけでも布にくっきりとした線を引くことができます。

以上を含め、今回の刺繍ピアスで必要な材料についてご覧ください。

必要な材料
  • リネン生地(刺繍を施す土台布)
  • 黒と白の刺繍糸
  • 8B鉛筆(2B鉛筆でも可)
  • 糸切りバサミ・刺繍針・ビーズ糸
  • ピアス用金具・土台革

以上のように、使用するものは刺繍やピアスハンドメイドに必要なものばかり。

こだわらなければ100均でもほとんどのアイテムが揃ってしまいます。

この点も初めて刺繍アクセサリー作りに挑戦する人にとって嬉しいですよね。

刺繍の基本の玉留めやステッチ技術

黒の刺繍糸で花のシルエットをなぞる画像
出典 : YouTube

刺繍には糸を使ってさまざまな文様を作り出すため、豊富な縫い方が存在します

また通常の糸よりも縫い目の美しさが問われる技法のため、糸の端の処理についても0から教えてくれていますよ。

また縫い方だけでなく、縫う場所に合わせた糸の取り方や使い方についても注目です。

必見のアドバイス

動画内の一部テクニックでは「私はやりやすいと思ったからこうしていますが、ほかにもこんな方法でできますよ」と解説。

刺繍をはじめとしたハンドメイドには同じ目的の作業でも複数のアプローチ方法があります。

1つの作り方で複数のやり方が紹介されている部分もあるので、ぜひ自分に合った方法を見つけてみてください。

声&テロップで作り方を丁寧に解説

刺繍を施した布の周囲をハサミでカットする画像
出典 : YouTube

動画は音声での解説とともに、簡潔なテロップで紹介されています。

のんびりとした話し方のnakkiさんの説明を聞きながら刺繍アクセサリーを作る時間は、より癒されるものになるでしょう。

すべてのレクチャーにテロップが付いているわけではありません。

平安きりん

実際に縫っている場面では作業を見る邪魔にならないようあえてテロップが省かれている部分もあります。

動画は登場する工程によって最もわかりやすい方法で作り方が解説されています。

また動画内では刺繍をより美しく仕上げるためのちょっとしたテクニックが口頭のみで説明されている部分も。

動画内ではここもチェック
  • 刺繍糸の絡まりを防ぐには?
  • 表面から布をキレイに折り込むには?

以上のアドバイスについてもぜひチェックしながら動画を楽しんでみてください。

刺繍アクセはSNSと店舗でチェック

刺繍アクセサリー作家nakkiは動画の投稿だけでなく、奈良県で刺繍アクセサリーの販売店も営んでいます。

またInstagramへの作品の写真投稿、実店舗の経営など刺繍アクセサリー作家として積極的に活動されているそうです。

nakkiさんの作品が気になる方はぜひそちらもチェックしてみてください。

平安きりん

また概要欄にURLが紹介されているHPでは実際に作成した刺繍アクセサリーの販売も行われています。

nakkiさんの作る刺繍アクセの世界をもっと身近に体験したい方は、ぜひSNSやショップにも注目してみてくださいね。

今回は刺繍アクセサリー作家nakkiの紹介する刺繍で作るフラワーピアスの動画の魅力をお伝えしました。

平安きりん

刺繍は針と糸だけを使って自由に好きな作品を描けるとても魅力的な手法です。

「刺繍アクセサリーに挑戦したい」と思った方は、ぜひ動画を参考にミニピアスを作ってみてください。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2