【UVレジン】ニュアンスネイル風ピアス4種の作り方をご紹介します

「ハンドメイド&ネイルsabakuro」(登録者数2.59万人)よりご紹介します。

今回ご紹介するのは、ニュアンスネイル風レジンピアスの作り方です。

ニュアンスネイルとは

決まったデザインはなく、ぼんやりとしていて曖昧な色合いのネイルを指す。

レジンに閉じ込めるパーツには、様々なアイテムが登場しますよ。

ひと味違うテクニックが満載なので、レジン作品をよく作るという方には、ぜひ見ていただきたいおすすめ動画です。

またネイルアートのテクニックも盛り込まれているのでネイル好きな方、興味がある方も楽しめる動画になっています。

ぜひ、動画で詳しい内容をチェックしてみてくださいね。

4種のアソートピアスが作れる

今回の動画では、4種類のレジンピアスの作り方が紹介されています。

注目ポイント

4種類のピアスには、全く違う素材やカラーアイテムが使用されている。

なので、完成した作品たちはそれぞれ異なる魅力を持った個性的な作品に仕上がっています。

動画の長さは10分程度に編集されていて、重要なポイントだけがまとまっている見やすい動画です。

サクサクと作品作りが進んでいきますので、最初から最後まで目が離せませんよ。

とくにレジン初心者さんにとっては、1本で4つの作品の作り方が学べるお得な動画になっています。

ぜひ、ご覧になってみてくださいね。

作り方のポイントをピックアップ

ここからは、少しだけ動画の作り方を見ていきましょう。

平安きりん

動画で紹介されている4つのレジン作品の内、1つだけを紹介させていただきますね。

ネイルのようなレジンの形

出典 : YouTube

今回作って行くレジン作品は、楕円型のモールドで作ります。

ネイルチップのような形でニュアンスネイル風の作品にぴったりですね。

100均アイテムを使用

セリアのネイルパーツをカメラに向かって見せている。直径2~3mmほどの小さい粒のようなパーツがたくさん袋に詰まっている。色はゴールド。
出典 : YouTube

次に、上の画像のネイルパーツをレジン液に入れていきます。ゴールドは、作品を大人っぽくまとめてくれる救世主です。

1袋にたくさんのパーツが入っていて、他のハンドメイド作品にもたっぷり使えそうですね。

ネイルパーツを購入したショップも動画で紹介されているので、チェックしてみてください。

注目ポイント

動画では、ネイル用のアイテムもレジン作品に使用している。デザインの鍵として使えるので、ぜひチェックしてみよう。

着色剤を使用

ホワイトカラーの着色料を手に持ち、カメラに向かって見せている。
出典 : YouTube

今回の作品には、上の画像のレジン用着色剤も使用しています。

ホワイトカラーの着色剤を、マーブル模様になるようにレジン液に入れて使っていました。

着色剤の使い方の参考になりますよ。

レジンの形の整え方

レジンを硬化したときにできたバリをハサミでカットしている様子。
出典 : YouTube

完全に硬化が終わったレジンにバリがある場合は、ハサミやネイルファイルを使って綺麗に整えます。

バリの処理が苦手、という人も多いのではないでしょうか。

細かい部分をどこまで丁寧に整えればいいのか、プロのテクニックに注目してみてください。

整え方は、動画をご覧いただくと分かりやすいですよ。

カラージェルを塗る

2色を混ぜたカラージェルをレジン作品の裏側に塗っている様子。
出典 : YouTube

バリ取りが終わったら、オレンジがかった黄色と緑色の2色のカラージェルを使って裏面に色を付けていきます。

ここがポイント

カラージェルもネイルアイテム。2色使うことで、単色では出せない深みを作り出している。

カラージェルを使うなんて、本当にネイルアートをしているみたいですね。

ポイントはレジンの裏面に着色すること。クリアレジンを通して見える色合いなので、奥行きが出ます。

表から見たときの作品の印象が変わってくるので、とても重要な作業です。

『砂ジェル』を使った珍しい作品も

今回の作品には、砂ジェルを使う場面もあります。

ハンドメイド作品に使われることはあまり多くありませんが、ネイルにはよく使われているアイテムです。

では、今回の作品で使用する砂ジェルを見ていきましょう。

カラージェルプレスト263

砂ジェルが履いているケースの蓋を開け、中身が良く見えるようにカメラに向けている。
出典 : YouTube

その名の通り、ジェルにが混ぜ込まれている、ちょっと不思議なアイテムです。

クレイを水で溶かしたようなジェルで、中にぷつぷつとした黒い点が見えます。よく見ると砂が混ざっているのがわかりますよ。

平安きりん

砂の質感がアクセントになり、シンプルな1色塗りのネイルでも単調にならず、絶妙なニュアンスのネイルを楽しむことができます。

この一風変わったアイテムをレジンに使用することで、どんな作品が生まれるのか楽しみですね。

砂ジェルを使ったレジン作品の作り方は、ぜひ動画をご覧ください。

ニュアンスネイル風ピアス4種

出来上がったレジン作品4種類が、フチがゴールドになっている皿の上に乗っており、撮影用小物であるドライフラワーなどと一緒に、魅力的に見えるように撮影されている。
出典 : YouTube

上の画像が完成した4つのピアスパーツです。ネイル用品や画材を使うことで、あまり見たことのないカラーや質感を作り出しています。

どの作品にも個性があるので、気分によってつけ替えると良いですよ。

金具はまだ取り付けられていませんが、どれも大人っぽく可愛いからスタイリッシュまで、幅広いデザインに仕上がっていますね。

注目ポイント

水彩色鉛筆を使った作品や、ゴールドのパウダーを使用した作品もある。

ニュアンスネイル風の作品は、どれも色合いが淡くて、癒しのアクセサリーになりそうですね。

今回の動画では、レジンにとらわれない幅広い発想を取り入れた作品をご紹介していました。

4つの作品それぞれに違うアイディアが詰め込まれていて、とても勉強になります。作品が単調になっていた方は、必見の動画ですよ。

気になる内容については、ぜひ今回の動画をご覧になってみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2