【アトリエ社会見学】演奏家のためのドレスを作るプロの手仕事

「ぬいもの日和」(登録者25,000人)よりご紹介します。

今回の動画は作業風景の動画のため解説などはありませんが、参考になるポイントはたくさんあります

演奏家のためのオーダードレスができるまでを撮影したようです。

解説が入らない分、無駄のないプロの手仕事そのままの進行を見ることが出来る今回の動画。貴重な作業動画を、楽しんで下さい。

丁寧で慎重な裁縫

丁寧な手つきで、慎重に生地をミシンにかけています。
出典 : YouTube

「ぬいもの日和」の動画の特徴のひとつに、丁寧で美しい裁縫がありますが、今回の動画でもそれは健在です。

ミシンにかける生地を支える手や、その繊細な動かし方はとても参考になるでしょう。

プロの手仕事はテクニックだけでなく、丁寧な作業という基本の部分に支えられているというのがよくわかる動画になっています。

平安きりん

単純に生地を真っすぐ縫うだけのシーンでも、その丁寧さと確実性にはうっとりします。

また、テンポよく作業は進んでいきますが、ゆっくりと実に慎重な手つきも見せてくれます。

丁寧さと慎重さが、いかに仕上がりの完成度を左右するかを、「ぬいもの日和」の動画は再確認させてくれるでしょう。

繊細なレースの扱い

目が粗く、優美な黒いレースにミシンで針を落としています。
出典 : YouTube

レースをたっぷり使う今回のドレスですが、銀糸入りのスカラップレースという、とても難易度の高い生地を使用しています。

平安きりん

難しい、荒い目のレースを実に見事に扱っています。

薄くて目の粗いレースを扱う手さばきはとても見事です。丁寧に慎重に針を落としていく様子は画面越しに緊張感を伝えます。

レースのパーツに触れる時の優しく柔らかな手つき、繊細な扱いは、このドレスが特別なものであると教えてくれます。

まさにプロの手仕事と思わせるレースの扱いと緊張感は、一見の価値ありです。動画でチェックしていきましょう。

舞台の輝きを連想させるスパンコール

黒いレースの横で、これから打ち込まれるスパンコールがきらきらと光を放っています。
出典 : YouTube

ドレスの仕上がりが見えてきたところで、素敵な銀糸入りのレースにスパンンコールを打っていきます。

レースにスパンコールなんて、まさに舞台衣装って感じで憧れるわ

普段使いの洋服作りではなかなか見れない演出を見れるのも、この動画のおおきな見所のひとつです。

レースの銀糸とスパンコールが、舞台の照明に反射してきらきらと輝く様が想起され、見ているとワクワクしてきます。

スパンコールを打つためのホットデコペンのメーカーなどは、コメント欄の返信にありますので、そちらもチェックしましょう。

チェックポイント

実際に使用しているホットデコペンのリンクもあるので、気になる人はそちらも見ておきましょう。

ひとつひとつ打たれるスパンコールが、舞台での輝きを連想させて、作業風景に不思議な緊張感を感じさせてくれます。

アトリエにお邪魔したような臨場感と緊張感。それに楽しさを是非、体感してください。

プロのドレス作りが見れる貴重な機会

「ぬいもの日和」より、 演奏家のオーダードレスを作る作業動画をご紹介させていただきました。

プロの演奏家が舞台で着るためのドレスが出来るまでの工程を、じっくりと見れる動画は、なかなか珍しいと思います。

技術や手つきだけでなく、プロならではの機材やその使い方を見るのも、貴重で楽しい体験となるでしょう。

平安きりん

細かいパーツを組み上げていく様子や色々な道具の使い方など、まだまだ見所はあります。

一体どういう仕上がりになるのか想像しながら見て、その後は仕上がりを逆算して見るのも参考になると思います。

チャンネル内には、舞台衣装ではない普段使いの洋服の作り方や、ソーイングの小技など、様々な動画が配信されています。

是非、チャンネル登録して、チェックしてみて下さい。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2