【お子さんへのプレゼント】かわいいオリジナルタブレットケース

「soranohana ハンドメイド教室 sewing room」(登録者数398人)よりご紹介します。

今回ご紹介するのは「そらのはな」さんが発信する、タブレットケースのメイキング動画です。

自分好みの布を使ってケースが作れるので、お子さんへのプレゼントにもおすすめですよ。

動画を見ながら、かわいくて使いやすいケースを作りましょう。

学校支給のタブレットを収納できる

最近ではオンライン授業が広まっていて、学校からタブレットやパソコンを持ち帰っている子供も多いです。

子供はどうしても物の扱いが雑になりがちで、精密機器をケースに入れずに持たせるのは心配ですよね。

学校推奨のケースを購入する場合もありますが、自分で作ればお子さんの好きな布でケースを作れます。

作り方も簡単なので、初心者さんも動画を参考にしてチャレンジしてみましょう。

子供でも使いやすい

そらのはなさんはブラウン系ストライプの洋服を着ていて、完成品のファスナーを開けています。とても使い勝手がよさそうなタブレットケースです。
出典 : YouTube

ファスナーが横だけでなく上部にもついているので、大きく開いてタブレットの出し入れが簡単です。

子供でも使いやすく、ファスナーを壊してしまう心配もありません。

持ち手も大きく作られているので持ちやすく、机のフックにもかけやすいです。

お子さんにピッタリのタブレットケースですよ。

材料が少なくコストもかからない

今回使用する材料がきれいに並べられています。表布は、ベース色がターコイズブルーで、ピンクと黄色の花柄です。持ち手用布も同じ生地を使用しています。内布とアクリルテープはベージュ色です。
出典 : YouTube
材料
  • 接着芯 : 2枚
  • 表布 : 2枚
  • ファスナー延長布10cm×3cm
  • 内布(キルト) : 2枚
  • ファスナー50cm
  • 持ち手用アクリルテープ55cm×4.8cm : 2本
  • 持ち手用布
  • タグ用布
  • 型紙

表布・持ち手用布・ファスナー延長布については、同じ布を使用できます。

持ち手用布は、見た目が気にならないなら使わなくても問題ありません。

材料はとてもシンプルで、100均や手芸店で簡単に集められます。

コストがかからないので、気軽にチャレンジできますね。

実際に使用している材料はブログで紹介されているので、気になる方はブログもチェックしてみましょう。

タブレットケースの作り方

タブレットケースの作成手順を少しだけご紹介します。

完成品が立派すぎて、初心者でも作れるか心配です。

平安きりん

作り方は動画でしっかり解説されているので、ぜひ挑戦してみてください。

布を裁断する

型紙は方眼用紙で作られていて、PCケースと書いてあります。タグをつける位置は、上辺から10マス分です。左右の辺から各10マス分と、その間の合計3箇所に印用の穴が開いています。
出典 : YouTube

型紙の大きさにあわせて、接着芯2枚・内布2枚を裁断しましょう。

平安きりん

タグをつける場合は、裁断後に印を付けます

型紙の大きさや詳細な手順は動画で確認してくださいね。

角を切る

表布の右上に透明のコップを逆さまに置いています。そらのはなさんは一般的なペンで印をつけていますよ。表布には『LOVE IS BEST. YOUR LIFE. LET'S ENJOY. ORIGINAL HANDMADE』と表記されているタグが付けられています。
出典 : YouTube

角を丸くするためのカーブを描きます。

布を完成品と同じ順番に並べて、ペンでカーブを描きましょう。

カーブを描くのは右上の部分だけです。

平安きりん

カーブが描ければどんな道具を使っても問題ありません。そらのはなさんはコップを使っていますよ。

カーブを描けたらハサミやカッターで裁断しましょう。

ファスナーを縫いつける

水色のファスナーを使用しています。ファスナーの引手が丸型でかわいらしいですよ。延長布は表布と同じ柄です。
出典 : YouTube

ファスナーの末端に延長布を取りつけ、表布にファスナーを縫いつけます。

ファスナーを縫いつける様子は動画で実際に紹介されていますよ。

次に、内布にもファスナーを縫いつけ、アイロンで形を整えましょう。

反対側についても、表布・内布の順番にファスナーを縫いつけます。

縫い合わせる準備をする

タブレットケースの背面が映っています。テロップで「ここがポイント!」と記載されていて、重要な部分が分かりやすいです。
出典 : YouTube

生地を縫い合わせる準備をします。

最初にファスナー下の布を内側に入れて合わせましょう。

次に、表布同士を表面がくっつくように合わせて、クリップで留めます。

平安きりん

きれいに作るための重要なポイントです。動画でしっかり確認してくださいね。

生地を縫い合わせる

裏返しの状態のタブレットケースが映っています。返し口は内布の下辺真ん中あたりに10cm程度開けておきましょう。
出典 : YouTube

後で表に返せるように、返し口のマークを内布につけて、その部分以外を縫い合わせます。

表に返し、問題が無ければ返し口を縫いましょう。

平安きりん

表に返す前にやっておくポイントがあるので、動画で確認してくださいね。

持ち手を縫いつける

持ち手用布は、表布と同じ生地や類似色にすると統一感があります。アクリルテープは頑丈なので、重量のあるタブレットでも安心です。
出典 : YouTube

アクリルテープに持ち手用布を縫いつけて持ち手を作ります。

アクリルテープをそのまま持ち手にしても問題ありません。

平安きりん

バイアステープにすると縫いやすいですが、バイアステープメーカーが必要です。

持ち手が完成したら本体に縫いつけましょう。

縫いつける場所
  • 上から4cm
  • 横から3.5cm

テープの角が合うように縫いつけます。

縫いつけた後の完成品は動画でぜひ確認してみてください。

手作りタブレットケースをプレゼントしよう

子供用のタブレットケースはまだまだ数が少なく、かわいらしい柄やキャラクター柄の物はほとんどありません。

手作りのタブレットケースなら、お子さんの好きなキャラクターの柄で作れます

ぜひ今回の動画を参考に、オリジナルタブレットケース作りに挑戦してみてくださいね。

【可愛いけど実用的】優しい色味で落ち着くメルヘンながま口グッズ
LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2