【ムック本の付録】ニードルで作るもこもこ刺繡のヘアゴムの作り方

「アトリエちゅうりっぷ / atelier tulip」(登録者9,040人)よりご紹介します。

今回は、ニードルで作るもこもこ刺繡のヘアゴムの作り方の動画をご紹介します。

ムック本の付録を使うので、道具があればすぐに作れるそうです。

平安きりん

もこもこの刺繡で作ると、ほっこりした可愛い仕上がりになりますよ。

ぜひこちらの動画を参考に、一緒に作ってみましょう。

付録に付いているものはこちらです。

ムック本の付録
  • パンチニードル
  • タペストリーウール
  • 糸通し針

ニードルでもこもこした刺繡を作りたい場合は、ウールの糸を使います。

本来は、糸に適した二―ドルを選ぶのですが、キットに入っているので安心です。

平安きりん

既に材料が揃っているキットなら、細々したものを揃える手間が省けます。

使う道具はこちらになります。

使う道具
  • クロバーフリーステッチングスタンド
  • クロバーフリーステッチングフープ
  • はさみ
  • ペン
  • 手芸用ボンド
  • 生地

上記は、ニードルを作るときに必要な道具ですので、覚えておきましょう。

今回は、DMCのニードルパンチ用ファブリック35×45㎝の生地を用意しています。

ウールの糸を通すので、目が粗めの生地を用意しているそうです。

はさみは細かい部分の糸をカットするので、小さめの方が使いやすいとコメントされています。

手芸用ボンドは100均のものでOKです。

動画を参考に準備しましょう。

ニードル初心者向けに

アトリエちゅうりっぷ / atelier tulip の別動画でやり方を詳しく説明しています。

ニードルのやり方が分からない場合は、そちらをチェックしてみてくださいね。

下絵を描く

まず、生地に土台となる下書きをペンで書いていきます。

平安きりん

この下書きを元にニードルを刺していきます。

ざっと下書きをしておきましょう。

下書きを終えたら、フープを付けて生地をしっかりピンと張ります。

これで準備はできました。

ニードルに糸を通す

ニードルに糸を通す作業を説明している動画で、フリーステッチングフープに取り付けられた生地に上に置かれた糸通しと共に、「ニードルに糸を通します」という文が表示された画像。
出典 : YouTube

ニードルに糸を通していきます。

糸を通すときは、キットに入っている糸通しを使いましょう。

糸通しを使えば、簡単に糸を通すことができますよ。

糸の通し方

ニードルの下から糸通しの針を入れて、針先に出すだけ。

作業の詳細は、動画をご覧くださいね。

ステッチをする

ニードルでステッチをする作業を説明している動画で、白い毛糸を刺したニードルを手に、フリーステッチングフープに取り付けられた生地にステッチしようとする様子が表示された画像。
出典 : YouTube

次に、生地にステッチしていきます。

花の中心を刺す

図案の上にニードルを根元まで刺していきます。

まず、花の中心部分から刺していくのね。

ステッチ面をボンドで固めたら、スタンドから生地を外します。

裏面のループをはさみでカットすれば、中心部分ができました。

花の部分を刺していく

続いて、花の部分をステッチしていきます。

刺し終えたら、ループ面をカットし、ステッチ面はボンドで固めましょう。

ここがポイント
  • ステッチ面はボンドを塗って固めること。
  • ボンドはへらで全体にしっかり伸ばすこと。

糸が抜けたり、ほつれたりしないようにします。

仕上げをする

仕上げの作業を説明している動画の途中で、花の周りの生地をハサミでカットしている様子と共に、「周りの布を1.5㎝くらい残してカットします」という文が表示された画像。
出典 : YouTube

仕上げをしていきます。

花の部分の周りの生地を切り取っていきましょう。

切り取ったあとで周りにはみ出た生地は、中に折りこみます。

もう一度確認

切れていないループもここできちんとカットして整えておくこと。

作った花にヘアゴムを付けていきます。

平安きりん

皮素材の生地にヘアゴムを縫い付けたものを用意しています。

これを花の裏面にボンドでくっつけて固定しましょう。

周りの部分をカットして整え、乾いたら完成です。

付録のニードルで作る

今回は、ニードルで作るもこもこ刺繡のヘアゴムの作り方 の動画をご紹介しました。

ふわふわの触り心地と見た目が、なんとも可愛らしいです。

おすすめポイント

色やデザインを変えて作れるので、ぜひ他のアイテムも作ってみてください。

アトリエちゅうりっぷ / atelier tulipでは、他にもアイテムが紹介されています。

手軽に楽しめるものばかりなので、楽しみながら作ってみましょう。

興味を持った方は、ぜひチャンネル登録して動画をチェックしてみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2