チャリティーアクセサリーとは?【正しい価格設定についても】

「yukaの作業部屋【ハンドメイドアクセサリー】」(登録者数4,030人)よりご紹介します。

今回紹介するのは、ハンドメイドの作家活動を通してチャリティーに参加してみたいという方にとって、必見の動画です。

動画投稿者のyukaさんは、チャリティーアクセサリーの販売を行っています。

yukaさんが作ったチャリティーアクセサリーも、確認することができる動画です。ぜひ、ご覧くださいね。

チャリティーアクセサリーとは

実際のチャリティーアクセサリーをカメラに見せている。花のモチーフのピアスや外国の硬貨のようなデザインのピアスがある。2つの種類のピアスが1セットになっているようだ。
出典 : YouTube

上の画像のものがyukaさんのチャリティーアクセサリー

クオリティも高く、ご購入者様に喜ばれそうなデザインですね。

知っておきたい

チャリティーアクセサリーは、商品の売り上げの一部、もしくは全額を寄付するという目的で作られたアクセサリーのことです。

ハンドメイドの販売ページを見ていると、このようなチャリティー活動を行っている方を度々見かけることがあります。

平安きりん

寄付する先は、施設で暮らす子供たちの支援活動や、動物の殺処分をゼロにするための活動など、作家さんにより様々です。

少しでも世の中を良くしたいという作家さんの想いが詰まった心温まる活動ですね。

チャリティーアクセサリーに関しての悩み

チャリティーアクセサリーの価格設定の難しさについて語っている。画面には梱包作業を行っている手元の様子が映っており、現在は発送用の段ボールを組み立てている。
出典 : YouTube

最近はチャリティーアクセサリーの販売価格について少し悩んでいるというyukaさん。

yukaさんのチャリティーアクセサリーの販売価格は500円

価格設定に関しては、下記のような式で成り立っています。

価格設定の仕方

【500円】-【送料120円】-【販売サイト利用料】=寄付金額

通常のハンドメイド販売では含まれているパーツ代、梱包資材代、労働費などは商品の価格に含まれていません。

そのため、yukaさんのチャリティーアクセサリーは500円という価格で販売ができているのです。

さらに、発送する商品には簡易的な梱包も施しているといいます。

安全に商品を届けることも考えた上で、極力費用を抑えながら発送を行っているようですね。

しかし、いくら簡易的とはいっても、お客様に無事に商品を届けるためにはそれなりの梱包資材代がかかってきてしまいます。

ワンコインで買えるというところにこだわりを持って金額設定を行っていたようですが、このままでは継続が困難です。

チャリティーアクセサリーの価格設定

チャリティー活動を長く続けるために値上げを検討する必要があると話している。梱包作業は進み、組み立てられた発送用ダンボールの中にピアスが詰め込まれている。
出典 : YouTube

チャリティーアクセサリーの販売価格は、なるべく下げたいと思っている作家さんが多いと思います。

チャリティーなので、あまりお金の話をするのは気が引けてしまうという方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、お客様の手に無事に届けるための梱包資材は、必要経費といえるはずです。

活動を続けるために

継続してチャリティー活動を行っていくためには、無理のない価格設定が必要となってきます。

ハンドメイド作品の価格の中に含まれるもの

ハンドメイド作品は、作家さんの手間がかかっている分、割高なイメージを持たれることもあります。

しかし、作品にはパーツ代、梱包資材代、作家さんの労働費など、思った以上にお金がかかっているのも事実です。

チャリティーでは

チャリティーアクセサリーの価格にはそれらの代金を含まないか、通常商品よりも大幅に安く設定していることがほとんどです。

最初に決めたアクセサリーの価格に梱包資材代を含めなかったのは、yukaさん自身のご意思だったそうです。

しかし、これからの活動を考えると商品の値上げに踏み切るか、梱包資材の寄付を募るか、どちらかの選択が必要になってきます。

yukaさんは今まで買ってくれていたお客様のことを考え、値上げすることを心苦しく思っているようです。

yukaさんはチャリティーアクセサリーの値上げについてどうすべきか、今回の動画で視聴者さんに相談しています。

この相談内容について何か答えられることがありそうという方は、ぜひ動画を見た後にコメントしてみてくださいね。

チャリティーアクセサリーに関する悩み

ハンドメイドのチャリティーアクセサリーは、500円前後で価格設定されているものが多い印象があります。

ワンコインで購入できるアクセサリーは買い手としては嬉しい反面、裏側では作家さんが苦労している部分もあるようですね。

チャリティーアクセサリーからの寄付金によって助かっているという団体や施設もたくさんあるはずです。

大半のチャリティー活動は、作家さんご自身が進んで行っていることなので、長く活動を続けられるようにしてほしいですよね。

チャリティー活動の継続には、無理をしない範囲の価格設定も大事です。

チャリティー活動に興味があるという方は、今回の動画をご覧になってみてください。

動画にはyukaさんの相談内容に対する視聴者さんからのコメントがたくさんついています。

ぜひ、動画のコメントも覗いてみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2