【レジンで作る】ガラスのような涼しげおはじき風アクセサリー

「Anzu Kitty」(登録者数7.6万人)よりご紹介します。

今回はAnzu Kittyが紹介する動画では、レジンで作るガラス切子風のおはじきアクセサリーの作り方をご覧ください。

Anzu Kittyは遊び心溢れるアクセサリーや小物の作り方を数多く紹介しているYouTubeチャンネル。

平安きりん

夏にぴったりな透明感のある作品は、浴衣に合わせるアクセサリーとしても活躍しそうですね。

色とりどりで可愛いおはじきのようなレジンアクセサリーを、ぜひ動画を参考に作ってみてくださいね。

クリア素材の折り紙を使うから簡単キレイ

使用する「オリエステルおりがみ」を紹介する画像
出典 : YouTube

まずは今回の江戸切子風アクセサリーを作るのに必要な材料からご覧ください。

必要な材料
  • オリエステルおりがみ
  • UVレジン

以上のように、完成品に使われている材料はとてもシンプルで、必要な道具も基本的にはレジン用品ばかりです。

透明で光沢感のあるレジンに江戸切子風の模様の折り紙をカットして埋め込むだけなので、作り方も構造も単純。

しかし、この単純な作りで美しい仕上がりを実現しているのが「オリエステルおりがみ」です。

平安きりん

オリエステルおりがみとは、新素材で作られた透明素材の折り紙です。

このオリエステルおりがみに江戸切子風の印刷がされたものが使われているため、レジンにも馴染む透明感のある作品に。

自力でイラストを描いたり着色する必要がないため、自宅で簡単に江戸切子風アクセサリーを量産できますよ。

この折り紙をはじめ、使用されている材料はすべて動画概要欄に通販URLが記載されているため、ぜひ参考にしてみてください。

型を使って折り紙をキレイにカット

オリエステルおりがみに円形ケースを乗せてボールペンで印をつける画像
出典 : YouTube

オリエステルおりがみをレジンに埋め込むには、まず折り紙をモールドに合わせてカットしなければいけません。

特に江戸切子風の模様は複雑で細かな絵柄のため、シワが寄ってしまうと仕上がりに大きく影響してしまいます。

そのため、モールドにぴったりなサイズ・形にカットしましょう。

平安きりん

モールドや円形の文房具を使って印を付けるのがおすすめです。

動画内ではモールドなどを使って、ボールペンで印を付けています。

オリエステルおりがみは光沢感のある素材なので、鉛筆やシャープペンシルではキレイに印が付かないからです。

そしてもう1つ注目したいのが「折り紙のどこをカットするか」です。

折り紙をカットするポイント
  • 絵柄の中心に合わせてカットする
  • あえて絵柄の境目をカットする
  • 一様の模様だけをカットする

オリエステルおりがみは紙全面に同じ模様が描かれているわけではないため、柄を取る場所によって表情が変わります。

そのため、人によっては同じ折り紙を使っても仕上がりは全く別の作品になる場合も。

好みに合わせて作れるのも楽しいところですよね。

着色の必要がないから初心者でも安心

カットしたおりがみとシリコンモールドを準備する画像
出典 : YouTube

レジンと言えば、何かと扱いが難しかったり着色のため新たなレジンを購入し組み合わせたり。

何かとコストや手間が掛かるイメージはありませんか?

しかし、今回はレジンを着色する必要はありません。

平安きりん

江戸切子風の折り紙自体が着色にもデザインにもなってくれるからです。

そのためレジンを扱うパートでやることは、モールドに「レジン→折り紙→レジン」の順で流し込み硬化するだけ。

レジン初心者でも比較的扱うものが少なく、簡単に江戸切子風アクセサリーを作り上げられるのです。

もちろんシンプルだからこそ、アレンジも自由自在です。

アレンジのポイント
  • あえてマットな質感に仕上げてみる
  • ラメやホログラムを交えて硬化してみる
  • ハートやひし形など別の形を使ってみる

アレンジの幅はあなたが思いついた数だけ自由自在。

ぜひあなた好みの江戸切子風アクセサリーを作ってみてくださいね。

レジンを使えばどんなアクセも思いのまま

チャンネルでは今回の江戸切子風アクセサリーのほかにも、レジンを扱ったハンドメイドアイデアを多く紹介しています。

レジンは形も色も自由自在で、手軽にさまざまな作品を量産できるアイテム。

平安きりん

この動画をきっかけにレジンを購入したけど余ったという方は、ぜひほかのアクセ作りにも挑戦してみてください。

今回はレジンと折り紙で作る江戸切子風のおはじきアクセサリーの作り方動画の魅力をお伝えしました。

和風アクセサリーは見た目にも涼しげで、普段使いはもちろん和装に合わせるアクセサリーとしてもおすすめ。

ぜひ動画を参考に、あなた好みの和風レジンアクセサリーを作ってみてくださいね。

LP005_bn3
LP005_bn1
LP005_bn2